Illustrated by moto
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール
◆アッサム(♀)◆
アッサム
2008年4月30日生(推定)
人間大好きな甘えんぼ。
…でも、どっかエラそう。

◆シフォン(♂)◆
シフォン
2008年4月30日生(推定)
今日も全力でボケてます。
ツッコミの相方はいません。

◆てんちょー◆
てんちょー
埼玉県在住。
惑いまくりの40歳+α。
たぶん女性。

最新記事
(09/02)
三つ子の魂フォーエバー。 (05/19)
ゲストさんその24。 (03/23)
ゲストさんその23。 (03/08)
ゲストさんその22。 (03/01)

最新コメント
:この漢字は? (03/25)
あさひな:本日のおすすめ (09/12)
あさひな:ワクチン行きました。 (08/19)
きーふぁ:ワクチン行きました。 (08/19)
じゃむのアレ:家族団らんの時。 (02/21)
じゃむのアレ:初雪? (02/10)
てんちょー:行き場のないパッション。 (02/03)

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング



リンク
TORAPPACHI!
ちいさな島で暮らしています
主婦nekoyamaのゆるゆる日記
うにの秘密基地
猫マンガ文太のひとりごと
ややコロ日記
もものかんづめ
ジャムびいき
でぶアメショと愛の無い生活。
忍者絵巻
ちゃとらとはちわれ
くるねこ大和
しまぴとカメラ

検索フォーム

RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

QRコード
QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:--:スポンサー広告
Pagetop






ラルフ君は、顔立ちが個性的なブラックスモークの子。

我が家での呼び名はくまちゃん。

ローレンちゃんほどではないですが、

少し警戒していました。

この子たちは人間より猫が好きで、

我が家の猫たちにもちゃんとあいさつをしてから甘えにいく、

多分大人猫に囲まれて学んでいたのでしょう。


そして指や毛布をちゅーちゅーちゅーちゅー。

あごがいつもよだれまみれ(笑)



私が戻す前から里親様候補があらわれ、

そのままやはり2匹一緒にもらわれたので、

私はたいしたお世話せずに終わった、

野良猫としては非常にラッキーな子達でした。





スポンサーサイト
2014-12-30 20:20:季節限定コメント(0)トラックバック(0)
Pagetop



ピコ君とさくらんぼちゃんをシェルターに届けに行き、

その場で交代でお預かりしたのが、ラルフ君とローレンちゃん。



ちなみに、この仮名はお預かりしたときに既についています(笑)

ローレンちゃんはちょっと怖がり。

おもちゃで遊ぶのはできるけど、撫でられるのはだめ。

我が家ではミニーちゃんと呼んでいました。

体調はよかったので、手がかからない良い子でした。









2014-12-30 20:09:季節限定コメント(0)トラックバック(0)
Pagetop




ピコ君は、

さくらんぼちゃんと同日に別の場所から保護されて、

セットでやってきました。

風邪で鼻と目がガビガビ、

おまけにミミダニで真っ黒。

でも元気一杯の猫好きで人間好き。

最初は隔離部屋で1匹だけ、なのが気に入らなくて、

夜鳴きがひどくて、

いつ近所からクレーム来るかとヒヤヒヤでした。

治療がおわって、

さくらんぼちゃんも走れるようになったころには、

リビングで遊びまわってっていうか、

大暴れして楽しそうでした。

さくらんぼちゃんはちょっと迷惑だったかも(笑)


イメージ的に、

田舎のガキ大将と、転校してきた美少女、みたいな取り合わせでした。
呼び名も「ぼうず」だったし(笑)


・・・なので、

シェルターにもどった数日後、

一緒のお宅へもらわれていったと聞いたとき、

さくらんぼちゃんの健闘を祈ってしまったのが良い思い出です・・・




2014-12-29 21:51:季節限定コメント(0)トラックバック(0)
Pagetop




その後は特に保護の依頼もなく、精神的に余裕もあったので、

震災から応援している動物保護団体の

「アニマルエイド」様で、

子猫の一時預かりをすることにしました。

色んなところから保護されたばかりの子猫は、

肉体的にも精神的にもケアが必要なことが殆どなので、

必要な治療と静養をしてもらって、

里親様募集できるところまで回復したらシェルターに戻す、というものです。


そうしてまずやってきたのがさくらんぼちゃん。

正統派美少女ってカンジです。

後ろ足が骨折していて、自然に癒着するのを待つために、

しばらくケージで暮らしました。

2週間もすると、もう元気に走り回っていました。

最初は人間が怖いようでしたが、

おもちゃで遊ぶのは大好きでした。

きっと今は甘えん坊になっているしょう。


・・・そしてこの後、

子猫シーズンの大変さがここまでとは、

私は予想していませんでした・・・笑



2014-12-29 21:34:季節限定コメント(0)トラックバック(0)
Pagetop





 


2014年の保護した猫たち。
覚え書き程度に。

4月に職場の人経由でやってきた、はなちゃん。

お転婆美少女。
同じく職場の人が里親さんに。
我が家の滞在は2週間もなかったかな。
お話がまとまった直後、里親さん御自身が子猫を保護するというオプションつき(笑)
2匹で育てていただけることになりました。
名前はジョセフ、相方はシーザー、と言えばの由来です。



2014-12-29 21:06:季節限定コメント(0)トラックバック(0)
Pagetop

ホーム
Powered by FC2 Blog

 Copyright © 24時間ティータイム All Rights Reserved. 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。